少しでも、何かと役に立つヨガのポーズ

初めてヨガのDVDを見た時は、カリフォルニアで見たのですが、その神秘的な体の動き、出演している方のしなやかな動きにあこがれを抱き、自分もこんな風になりたいと思いながらも、未だにそうした教室のようなところへは行ったことがありません。

それでも、当時見ていたDVDでの動きは一通り覚えていますので、体がそうした動きを求めている時、時間があればそうしたポーズをこっそりと一人とっています。

好きなポーズは、犬のポーズ、戦士のポーズ、あとは片足を後ろへ曲げて一本足で立つポーズ(このポーズは山登りする前にもとても役に立ちます)など、実際にきちんとできているかいないのかはわかりませんが、そうしたポーズをとることにって体だけではなくて頭というか脳までもがほぐされている気分になれるのが本当に不思議なところです。

そうしたヨガで教えてもったポーズのどれも、簡単にまた短時間で疲れをとることができるものとして紹介されていますが、どれもポイントは眉間に注意がいくような姿勢になることが特徴だと私は思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ